トップページ 日程表 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

 

南アフリカ花の旅

11日目 2011826()

サルダナ → エランズバーグ自然保護区 → ケープタウン

 

 六時に起床して、窓を開けるとまだ薄暗く、月が出ています(写真下)

 

説明: DSC_8450 説明: DSC_8451

 

 芝生にいるのはカモメでしょうか。

 

説明: DSCr_8462 説明: DSC_8466r

 

 七時から朝食です(写真下)。相変わらず食欲がありませんが、野菜とパンとヨーグルトは食べられました。

 

説明: R1044237 説明: R1044238

 

 今日はケープタウンに向かう途中で、個人が経営する自然保護区などに立ち寄ります。ただ、天気はあまり良くありません。朝方は月が見えたのに、すっかり曇り、ホテルの前のデージーは霧雨で濡れています(写真下左)

 

説明: DSC_8470 説明: DSC_8471

 

説明: capetown010

 

 バスは国道45号を東に向かい、国道七号を横切って、エランズバーグ自然保護区(Elandsberg Nature Reserve)を訪ねます。

 

説明: DSC_8474 説明: DSC_8477

 

 

エランズバーグ自然保護区

 どこが自然保護区の入り口なのかはっきりしないまま、いつの間にか広大な農場に入ってきました(http://plak.co.za/moreinfo.php?id=61832)。中型の灰色の鳥がいます(写真下)

 

説明: DSC_8486r 説明: DSC_8483r

 

 シマウマもいます(写真下)。これは白いシマウマなのか、それとも黒いシマウマなのか。シマウマを乗馬や農耕に使ったというのは聞いたことがありません。個人的には乗ってみたい気がします。シマウマに乗ったカウボーイなんて見たことがないから、人間にはなつかないのでしょうか。

 

説明: DSC_8650r 説明: DSC_8646r

 

 まずは保護区の事務所に立ち寄って、トイレを借りました(写真下左、〜10:46)。すぐ隣に宿舎らしい建物もあり、そちらのほうには人がいるでしょう(写真下右)。事務所のほうには誰もおらず、建物には鍵もかけてありません。どうやら、マニングさんなら信用がおけるから、勝手に使ってくれということのようです。

 

説明: DSC_8494 説明: DSC_8502

 

 事務所の壁にこの保護区を撮ったと思われる何枚かの航空写真があります(写真下右)10 000 acreといいますから、約4000haあり、単純な長方形なら、10km×4kmくらいの面積になります。

 

説明: DSC_8503 説明: DSC_8504

 

 写真下左には「エランズバーグ農場(Elandsberg Farms)」とあります。

 

説明: DSC_8505 説明: DSC_8509

 

 ここは会社組織の農園であり、同時に自然保護区のようです。写真下左の看板には、エランズバーグ自然保護区(Elandsberg Nature Reserve) 写真下右の亀マークの下にSouth African Natural Heritage siteとあります。南アフリカの国立公園や自然保護の制度がわからないので、この保護区がどういう位置づけなのかはわかりません。

 

説明: DSC_8495r 説明: DSC_8496r

 

 あいにくの曇り空の中、花の撮影開始です(10:5112:46)。まずは事務所のすぐそばにあった白い花です(写真下)。日本でも栽培品で見かける花です。南アフリカではこれが道路の脇に雑草として生えています。初日のケープタウンからウーセスターに向かう途中の道端に群生しているのを見かけました。しかし、珍しくもないので、バスは停まってくれません。

 

説明: DSC_8492 説明: DSC_8493

説明: DSC_8498 説明: DSC_8501

写真上 Zantedeschia aethiopiaca

(http://en.wikipedia.org/wiki/Zantedeschia_aethiopica)

 

 

雨が降って止んだ

 事務所から少し戻った原野で花を探します(写真下)

 

説明: DSC_8510 説明: DSC_8511

 

 写真下はピンク色のきれいな花をつけるモウセンゴケの一種です。

 

説明: DSC_8522 説明: DSC_8527

説明: DSC_8525

写真上下 Drocera pauciflora

(http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/3888/gal/drosera/pauciflora.html)

説明: DSC_8642 説明: DSC_8635

説明: DSC_8528 説明: DSC_8529

 

説明: DSC_8625 説明: DSC_8627

 

説明: DSC_8594 説明: DSC_8603

写真上 Chlorophytum undulatem

(http://www.pacificbulbsociety.org/pbswiki/index.php/Chlorophytum)

 

説明: DSC_8512

 

説明: DSC_8631 説明: DSC_8633

写真上 Moraea gawleri

 

説明: DSC_8534

 写真上下 Lachenalia pallida

(http://www.pacificbulbsociety.org/pbswiki/index.php/LachenaliaSpeciesFive)

説明: DSC_8513 説明: DSC_8571

説明: DSC_8556 説明: DSC_8568

 

説明: DSC_8546 説明: DSC_8547

説明: DSC_8549 説明: DSC_8643

写真上 lachenalia uniflora

http://makiand66.blogspot.com/2008_04_01_archive.html

 

説明: DSC_8536 説明: DSC_8537

 

説明: DSC_8641

 

 

雨が止んだ

 撮影を開始して間もなく雨が降り、中断しました。しかし、二十分ほどバスで待っていると小降りになり、やがて止みました。撮影再開です。足下は雨でぐしゃぐしゃに濡れているし、曇り空ですから、撮影条件はあまり良くありません。しかし、雨が止んだだけでもよしとしましょう。

 雨の中でも目立つのは写真下の高さが二十センチほどのオレンジ色のグラジオラスです。これまでも同じような柄のグラジオラスがありましたが、ここのはオレンジ色がはっきりしています。

 

説明: DSC_8514 説明: DSC_8517

説明: DSC_8519 説明: DSC_8520

写真上下Gladiolus alatus

(http://www.pacificbulbsociety.org/pbswiki/index.php/SouthernAfricanGladiolusOne)

説明: DSC_8579 説明: DSC_8605

説明: DSC_8630

 

 写真下はこれまでも良く見かけた紫色のアヤメです。

 

説明: DSC_8516

 

説明: DSC_8541 説明: DSC_8577

説明: DSC_8542 説明: DSC_8593

写真上 babiana ambigua

(http://www.pacificbulbsociety.org/pbswiki/index.php/BabianaTwo)

 

 もう少し日射しがあると紫の色もはっきりするのでしょうが、あいにく曇り空で、花にはさっき降った雨の滴がついています。

 

説明: DSC_8640 説明: DSC_8543

説明: DSC_8545 説明: DSC_8566

 

 総じては紫のアヤメですが、中には白っぽいものもあります(写真下左)。また、写真下右のように、同じ株から、色の濃いのと薄いのが同時に生えている個体もあります。

 

説明: DSC_8558 説明: DSC_8561

 

 写真下のアヤメが写真上と同じなのかどうか、よくわかりません。数が少ないことから見て、ただ色が抜けただけかもしれません。

 

説明: DSC_8599 説明: DSC_8601

説明: DSC_8644

 

 写真下もバビアナのように見えますが、色が違います。

 

説明: DSC_8639

 

説明: DSC_8552 説明: DSC_8553

 

説明: DSC_8572 説明: DSC_8574

写真上 Arctotis candida

http://plants.jstor.org/visual/nbgsld0000118

 

説明: DSC_8575 説明: DSC_8540

 

 写真下はユリ科の花で、今回の旅行ではここでしか見られませんでした。ここでの数も多くありませんでした。図鑑で調べると花に芳香があるそうですが、気がつきませんでした。

 

説明: DSC_8584 説明: DSC_8585

説明: DSC_8587 説明: DSC_8590

写真上 Wurmbea marginata

(http://www.plantzafrica.com/plantwxyz/wurbeamarg.htm)

 

説明: DSC_8612 説明: DSC_8610

 

 山田さんがアヤメを見つけて呼んでいます。彼は南アフリカは三回目だというだけあって、花を見つけるがうまい。水辺に咲く小柄できれいなアヤメです。ちょうど陽が差してきました。

 

説明: DSC_8621

写真上下 Moraea tripetala

(http://www.plantzafrica.com/plantklm/moraeatripetala.htm)説明: DSC_8617

 

説明: DSC_8613

 

 ほっそりとして小柄で、色も派手でなく、清楚でいい感じですねえ。アヤメが咲いているあたりは元々湿地のようで、雨が降ってさらに水たまりができて、日本的なアヤメのイメージとも合います。

 

説明: DSC_8606 説明: DSC_8607 説明: DSC_8608

説明: DSC_8611 説明: DSC_8619 説明: DSC_8616

 

 そろそろ昼食の時間なので、急いでくれとマニングさんが再三急がせます。いくらせかされても、せっかく陽も射してきたのに、このきれいなアヤメを撮らないでは行けません。

 

 

ビクトリア調のホテルで食事

 保護区の中にあるホテルで昼食です(12:58)。この自然保護区の通称はバーソロミュウズ・クリップ(BARTHOLOMEUS KLIP)というようです。(http://www.bartholomeusklip.com/index.php)

 

 

説明: DSC_8654 説明: DSC_8687

 

 天井の一部がガラスになっているので、テラスのような明るい食堂です(写真下)

 

説明: DSC_8684 説明: DSC_8682

 

 テーブルなどセッテングはたいへん立派なのに、昼食の見かけはそれほどご立派ではありません(写真下)。私は体調が悪く、見ただけで胃腸が受取拒絶の通知を送ってきたので、ほとんど食べませんでした。

 

説明: R1044247 説明: DSC_8672

説明: DSC_8670

(http://bartholomeusklip.blogspot.com/)

 

 このホテルのホームページによれば、建物自体( The main house)はすでに百年を超しているそうです。部屋数はわずか4つ。しかも、静寂を保つために16歳以下の子供は宿泊できません。冨山さんに聞いてみると、4万円前後というのですから、安くはありません。ただ、広大な牧場という環境とこの設備なら、その価値はあるでしょう。

 

説明: DSC_8655 説明: DSC_8656

 

 ここのホームページには「We are a romantic Victorian farmstead」、つまりロマンチックなビクトリア風の農場だとあります。その文章どおりに、ホテルの中はビクトリア調の落ち着いた雰囲気で統一されています。

 

説明: DSC_8674 説明: DSC_8681

 

 客が出入りできる居間は二つあり、客室に行くのにはそのどちらかを通過しなければなりません。写真上などはフラッシュを焚いて撮影しましたが、窓からの光は最小限で、実際は灯りのみです。

 ドアにはめこまれたガラスも凝った模様が入っています(写真下左)

 

説明: DSC_8677 説明: DSC_8676

 

 隣にあるもう一つの居間を見てみましょう。こちらには暖炉があり、火も入っています(写真下右)。この写真はフラッシュを焚いていませんから、実際の部屋の明るさはこんなものです。

 

説明: DSC_8661 説明: DSC_8662

 

 きれいなシェードのついたスタンドがあり、そこに茶器もそろっていて、お湯さえあれば、すぐに飲めるように準備がされています(写真下)。この落ち着いた部屋で暖炉の前でお茶を飲んだら、いいでしょうねえ。もっとも、我々の食事にはお茶は出ませんでした。

 

説明: DSC_8680 説明: DSC_8660

 

 ビクトリア調というと、私の感覚からは少々ゴテゴテした印象があります。今回の旅行でいうと、カルヴィニアで泊まったホテルの本館の飾り付けなど、過剰です。しかし、ここは重厚で落ち着いており、このホテルの趣旨どおり、家族としてすごせそうな雰囲気です。

 

説明: DSC_8678 説明: DSC_8675

 

 廊下の両側にある客室のドアが開いているので、のぞいてみました(写真下)。こちらも灯りや家具がビクトリア調で女性に受けそうな、とても落ち着いた雰囲気です。だが、意外にも、女性客たちの関心は今ひとつで、写真を撮りまくっていたのは私だけでした。

 

説明: R1044242

 

説明: R1044239 説明: R1044241

 

ここまでの写真をご覧になって一つ気がつきませんか。昼間なのに灯りがついています。もちろん私がつけたのではなく、最初からついていました。泊まり客はいないようですから、我々に見せるために付けたのかもしれません。灯りのシェードも使い方もおしゃれです。灯りが照明だけではなく、装飾や安らぎのために使われています。灯りを楽しむという習慣は、残念ながら、日本には根付いていません。

 写真下は廊下に面した共同のトイレです。各部屋にはもちろんトイレがついており、我々が借りたトイレがこちらです。トイレの中にはいったままで、これだけの幅の写真が撮れるのをみれば、中が広いのがわかります。トイレにオレンジ色を使っている点もなかなかオシャレです。

 

説明: R1044246 説明: R1044245

 

 百年たっているようには見えないのも当然で、数年前に改装したのだそうです。南アフリカは長年、オランダやイギリスの植民地だったという不幸な歴史もありますが、こういう文化はぜひ大切にしてほしいものです。

 

説明: R1044244 説明: R1044243

 

説明: bartholomeusklip01

 

 食事を終えて外に出ると、先ほどまでの雨模様と違い、青空が広がっています。レストランのすぐそばに、かなり広い貯水池があります(写真下)。おそらく農業用水に使っていたのでしょう。

 

説明: DSC_8694 説明: DSC_8695

説明: DSC_8697 説明: DSC_8698

説明: DSC_8652 説明: DSC_8653

 

 ここでも従業員がマニングさんと別れを惜しんでいます(写真下右)。行く先々でのこういう従業員たちの反応を見ると、彼が客を連れてきたからということよりも、人柄を歓迎しているように見えます。

 

説明: DSC_8700 説明: DSC_8691r

 

 

ケープタウンの植物園

 ケープタウンに近づいた頃に、道路で走行する車相手に花を売っている人たちを見かけました(写真下)。1本買って記念撮影をしたいところですが、交差点ですから、バスが停められる所はありません。

 

説明: DSC_8711r 説明: DSC_8710r

 

 持っている花は一種類のみで、さきほどの保護区の事務所の近くで見かけたラッパのような白い花で(写真下)、道端にも時々生えているくらいだから、案外、彼らも栽培しているのではなく、野生の花をそのまま採ってきたのかもしれません。

 

説明: DSC_8500 説明: DSC_8499

写真上 Zantedeschia aethiopiaca

(http://en.wikipedia.org/wiki/Zantedeschia_aethiopica)

 

 ケープタウン市内に入ると渋滞しています(写真下)。旅行中初めての渋滞です。

 

説明: DSC_8714r 説明: DSC_8715r

 

 

キング・プロテアを見た

ケープタウン市内にあるキルステンボッシュ国立植物園(Kirstenbosch National Botanical Garden)に立ち寄りました。(http://www.sanbi.org/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&Itemid=57&id=139)

 

 

説明: DSC_8718 説明: 名簿南アフリカ2011_ページ_07

 

 立ち寄ったのは植物園の見学ではなく、本を買うためです。私のように本はいらない何人かが、植物園を見学することにしました。時間はたった40分です。この広大な植物園を40分で見るのはもちろん無理だが、行ける所まで行ってみましょう。入場料R37(400)を払い、ちょっと駆け足です。

 

説明: DSC_8720 説明: DSC_8721

 

 植物園は写真上に見えるテーブルマウンテンの東側の麓の地形をうまく利用して作られています。勾配があるので、急いで歩き回ると息がきれます。ていねいに花を見ていたいのだが、時間かありませんから、移動は早足で、構図などおかまいなしにシャッターを切るしかありません。

 

説明: DSC_8722 説明: DSC_8725

 

 今回の旅行で見つけたたった一輪のケシです。植物園にあるくらいだから、南アフリカに元々生えていたヒナゲシなのでしょう。日本で栽培されているのと雰囲気はそのままです。

 

説明: DSC_8726 説明: DSC_8731

説明: DSC_8727 説明: DSC_8733

説明: DSC_8741 説明: DSC_8742

 

 薄曇りなのに青いデージーがきれいに咲いています(写真下左)。うっとりと見惚れていたいが、時間がないので、急ぎましょう。

 

説明: DSC_8751 説明: DSC_8753

説明: DSC_8760 説明: DSC_8762

 

 写真下はクンシランです。私は植木鉢で大事に育てられた花しか見たことがありませんでした。植木鉢のクンシランに比べると、ここのは葉もつやつやして勢いがよい。それもそのはずで、ここが原産です。

 

説明: DSC_8776 説明: DSC_8748

説明: Kirstenbosch01

 

 アロエやトリトマのような花が多く、たくさんの種類があるのがわかります。その中でも、ピンク色は初めてみました(写真下左)

 

 

説明: DSC_8749 説明: DSC_8775

説明: DSC_8790 説明: DSC_8723

説明: DSC_8739 説明: DSC_8788

説明: DSC_8736 説明: DSC_8735

 

 園内にはいろいろな鳥がいて、あまり人を恐れる様子もありません。

 

説明: DSCr_8462R 説明: DSC_8747R

説明: DSC_8744r 説明: DSC_8724R

 

 写真下の鳥は台の上に鳥の模型が置いてあるのかと思って近づいたら、動いた!振り返って私のほうを「なんだ、おまえ」という顔で見ています。本物の鳥でした。

 

説明: DSC_8772R 説明: DSC_8768

 

 もっと驚いたのが下のフクロウです(写真下左)。日中にフクロウがいるのも奇妙だが、このフクロウのいる木の下に、このフクロウの看板があるのです(写真下右)。看板の立っている木の上に本物フクロウがいる!公園の人通りの多い樹木の上ですから、ここに巣があるとは考えにくい。こんなことってあるのですね。

 

説明: DSC_8769 説明: DSC_8774

 

 集合時間も近づいているので入口方向に急いで引き返していると、山田さんが花壇の上から手招きします。彼が声をかけるくらいだから、よほどの花です。

それもそのはず、キング・プロテアです(写真下)。南アフリカの国花で、写真下右の女性の手と比べてみるとわかるように、二十センチをこえる巨大な花です。今回の旅行では開花時期に早すぎるので、見られないと思っていただけに、栽培品でも見られたのはラッキーでした。

 

説明: DSC_8778 説明: DSC_8782

写真上 Protea cynaroides

(http://en.wikipedia.org/wiki/Protea_cynaroides)

 

 

南アフリカ最後のホテル

 本日のホテルSouthern Sun Hotel Newlandsに到着(17:14)。市内にあるかなり大きなホテルです(写真下)。ここで花のガイドをしてくれたマニングさんとはお別れです。

 

説明: File4957

(http://www.southernsun.com/hotels/newlands/pages/overview.aspx)

 

説明: R1044255 説明: DSC_8791

 

 部屋は広さにも余裕があり、備品などを含めて申し分ありません(写真下)。ポットだけでなく、コーヒーセットまであります。

 

説明: DSC_8792 説明: DSC_8797

説明: DSC_8793 説明: DSC_8798

 

 ここは先ほどの植物園と同じでテーブルマウンテンの東側にあたるので、窓の左側に山が見えます(写真下)。私は体調が悪いので、翌朝を含めて散歩できませんでしたが、周囲は静かな住宅街という雰囲気です。

 

説明: DSC_8799 説明: DSC_8800

説明: capetown01

 

 ホテルのレストランで夕飯です。ここはビュッフェスタイルではなく、肉か魚を選ぶというやり方です。

南アフリカも最後の夜で、現地旅行会社の社長のラクストンさんも来て、ルイボス茶のお土産をもらいました。彼の口から、リビアのカダフィ大佐が行方不明だという良いニュースを聞きました。

 

説明: R1044249 説明: R1044250

説明: R1044248

 

 

 

トップページ 日程表 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

 

 

 

 

Ads by Sitemix